阿部恭平


東京都出身。
学生時代から世界の眩しく美しい風景に魅せられ、世界各国の風景写真を写真に収めている。
大学時代にNPO法人を設立し、笑顔の素晴らしさ・人の眩しさに魅せられ、ポートレート撮影を始める。
現在は、ポートレートを中心に撮影を行い、ライフワークで風景写真を撮る。
また、風景写真の個展を年に一回、都内で開催している。
2012年にNPO法人で活動、東北支援で撮りためていた被災地、一年の経過で上野彦馬賞を受賞。